2006年10月9日

DVDとりあえずレビュー2〜特典映像編

相変わらずなかなか時間が取れずにいますが、DVDレビューの続きをちょこっと…

今回のDVD、プラチナエディションの方は3時間もの長さの特典映像がウリですが
実際、今迄の本やCDを持っている人にとっても、
ファンになったばかりでいろいろ知りたいという人にとっても
最上の資料の一つとなっていると思います。
ウチのサイトのQ&Aのトリビアなんて不要なんじゃないですか(笑)。
今後、DVDにないネタを書くのに苦労しそうです。
やっぱりコレクション関連の事に絞るのが賢い道かもしれません。

投稿者 高雄ながむ : 23:33 | グッズ

プラチナエディションの特典の中でも重要なコンテンツになっている
「無口は美徳」という、アースラの「哀れな人々」の元となっている曲のビデオですが、
以外とこの曲は"初めて聴いた"という方も多いのではないでしょうか。
これは10年程前に発売された「ミュージック・ビハインド・マジック」という
思いっきりマニアックなCDボックスに収録されていた曲です。
ハワード・アシュマンの死後、アラン・メンケンもすっかり忘れていて
アシュマンのパートナーが見つけだして来るまで眠っていたという逸話が有ります。


映像特典で圧巻なのはキャラクターの設定&スケッチ集でしょう。
およそほぼ全てのスケッチが収録されたのではないか、という量とバリエーションです。
決定稿とはまったく違っている初期スケッチから
クリーンナップされて色も付けられた最終デザイン迄、網羅されています。
もちろん初めて見るものも大量でした!

そして点数は少ないものの美しく素晴らしい背景画もお気に入りです。
これ、いいですね。パソコンの壁紙にしておきたい程です。
オークションでも背景画は高値で落札されているようですし、
一枚絵としても素晴らしい、れっきとした美術品ですね。
私が売買されているのを見た事があるのは「ターザン」の背景画だけですが、
国内のディーラーさんで一枚80〜100万円していた記憶があります。

Google

投稿者 高雄ながむ : 2006年10月9日 23:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://thelittlemermaid.info/Mad/blog/tt-cgi/mad_tb.cgi/34

コメント

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ