2008年9月26日

リトル・マーメイド3 はじまりの物語

ちょっと遅くなりましたが、
新作、「リトル・マーメイドIII/はじまりの物語」見ました!
今はちょっと貧乏なので「メモリアル・ボックス」での購入のみなのが哀しいところ。
(そんな事を言っているうちに楽天で単体のDVDが売り切れてしまいました!)

後日、いろいろと語って行きたいと思いますが、
とりあえず新作部分の映像、すごく良かったです!!

投稿者 高雄ながむ : 22:23 | その他リトル・マーメイド

「リトル・マーメイドII〜RETURN TO THE SEA〜」が
正直、他のディズニー映画の続編同様あまり良くなかったもので、
"テレビのディズニーアフタヌーン枠の作品はそれなりに好きなんだけど
テレビシリーズのスタッフが作る、劇場作品の続編はちょっと困ったものだ"
と、思っていましたところ、今回の新作は別部署製作なんですね。

最近、ディズニーアニメにすっかり疎くなってしまって、良く判らないのですが
これは…多分、ディズニーの海外スタジオとの合作です。多分。
(そもそもこの製作の「Disney Toon STUDIOS」というのが
 イマイチ判りませんが、複数形という事は西海岸、フロリダ、
 ヨーロッパなどのスタジオ全部の総称なんでしょうか)

とにかく、ていねいに作られている事に感激です。
そして、とてもとても切ないけれど美しいお話が素晴らしい。
あまりに切なくて、くり返し何度も見ることはない作品だとは思いますが…
監督とプロデューサー、両方が女性という(多分)
その良さが出ている繊細なストーリーです。

いままで当サイトでもよく質問されていた、
アリエルの姉妹たちがたっぷりと出て来ます。
トリトン王も、そしてお母さんのことも…
お話は終始トリトン王の家族の話が主軸となっていて、
ブレがないのも、見ていてとても上手いな、と感じました。

残念な点はテレビシリーズの設定が「なかった事」にされている事(笑)と
フランダーの性格がすっかり変わってしまった感じがするところでしょうか。
フランダーについては声優さんが変わってしまっている
というのも大きなポイントだとは思うのですが、
カットになったところでは従来のフランダーらしさがあったのが残念でした。

反対にとてもとても好きなのが、セバスチャンの某所(ナマズ…)での登場シーン。
二度とも吹き出してしまいました。特に最初のはインパクトあった〜
監督、お見事です。

ブルーレイだからか、女性監督だからなのか
画像がきれいなだけでなく、色の美しさも感動です。
劇場用第一作目とは違って、ストレートに明るくカラフルなのではなく、
ちょっとパステルっぽい、月の光のような淡い光が印象的です。

キャラクターではベンジャミンがとても好きです。
ぜひぜひウチに来て欲しい!! おっとりとマメで細やかで惚れました。


オマケの映像特典についてはボツシーンより
ブロードウェイ版「リトル・マーメイド」の舞台裏が嬉しいですね!
アースラが素敵すぎてにまにましてしまいます。
もちろんアリエルも、特に舞台姿は美しいし、歌声が素晴らしかったです。

リトル・マーメイド メモリアル・ボックス【初回限定生産】
リトル・マーメイド メモリアル・ボックス【初回限定生産】



リトルマーメイドIII/はじまりの物語
リトルマーメイドIII/はじまりの物語




「リトル・マーメイド」DVDを探す

Google

投稿者 高雄ながむ : 2008年9月26日 22:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://thelittlemermaid.info/Mad/blog/tt-cgi/mad_tb.cgi/45

コメント

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ